首イボを市販薬やクリームで取る方法

首イボの取り方として人気があるのが市販薬を使った方法です。
また、価格が安いことから自宅でクリームを使ってケアをしていく人も多いです。

首にぽつぽつとできる小さなイボは「肌の老化によるターンオーバーの乱れ」で、角質が付着したままとなってくるのが原因です。

そのため、ヨクイニン(ハトムギ)や杏エキス(杏仁オイル)などのクリームを使って、肌力を高めていきます。

「首イボの取り方が知りたい!」
「首イボの市販薬で薬局で販売してるのは?」
「どんなクリームを使えば良いの?」

など、首イボを自分で取る方法から皮膚科での治療まで全て解説をしています。
特に自分でクリームや市販薬を使って取りたい人であれば、後悔をすることはないはずです。

基本的に放置をしてもぶつぶつは増える一方で、何もケアや対策をしなければそのままとなってしまいます。
なんとかして除去をしたいって人はご覧頂ければと思います。

おすすめの首イボの取り方はクリーム

首イボの取り方でおすすめとしては自宅で治療をする方法です。

市販薬を使った方法やクリームを使った方法などがあります。薬を使うのであれば錠剤タイプが主流となっていますし、クリームやオイルなどを使うのであれば、塗る化粧品が多いです。

そのなかでもおすすめとしては首イボ用に作られているクリームを使ってケアする方法です。

首イボの原因は肌へのダメージによってターンオーバーが乱れ、肌に角質が残ってしまうことです。そのため、病院で切るだけでは再発がしやすく治療後もケアが大事となります。

薬だと人気のイボコロリ内服錠は1ヶ月分で6000円程度するので、飲み続けるのを考えると少し高めです。また、服用回数が6錠を1日3回なので飲みづらいと感じることもあるでしょう。

首だけや顔だけなどであれば、イボのある皮膚の部分を直接ケアできる首イボクリームがおすすめとなります。

首イボクリームの選び方

首イボを治療するための薬にしろ、オイルやクリームにしろ配合されている多くの成分がヨクイニンと呼ばれるものです。
ハトムギの種子から抽出される成分なのですが、古くより漢方薬などとしてイボ対策に用いられていました。

また、再発を防止する為にも少なくとも3ヶ月程度はケアをし続けるようにした方がいいです。
そのため、金銭的にも負担にならないような安いクリームを使うのがおすすめとなります。

高ければ効果があるなんてことはなく、値段と効き目は関係がないので、勘違いさせられないようにしましょう。

実際、私も首イボのクリームは使ったことがありますが、安くて評判の良いのを利用しました。
私の知る中でも最も価格が安かったですが、今までに20万個以上が販売され、効果があったと評判のものです。

首イボクリームランキング

クリアポロン
クリアポロン

最近注目となっているのがクリアポロンです。

価格、信頼度、満足度などでイボケア部門で5冠の達成をし、利用者もどんどん増えている状況となっています。

ヨクイニンと杏仁エキスの両方が配合されているだけでなく、保湿成分に関してもヒアルロン酸だけではなく、コラーゲンとペプチドも配合がされています。

敏感肌の人にも人気となっており、乾燥肌や敏感肌の人におすすめとなります。

初回の最安値2回目以降容量
1,800円5,440円60g
クリアポロンの最安値はコチラ
艶々習慣
艶つや習慣プラス

艶々習慣は今までに23万個以上が販売され、効果があったと評判のクリームです。
最大の特徴としては120グラムと大容量であることです。

そのため、首イボの数が多かったり、顔や首の2箇所に発症をしていたとしても、十分な量が含まれています。

また、杏エキスとハトムギエキスの両方が配合されています。価格も非常に安く効き目もあったと評判で満足度97%と非常に人気のクリームとなっています。

私も使ったことがあり、首や顔のイボの数が多い人におすすめのクリームとなります。

初回の最安値2回目以降容量
2,052円3,283円120g
SU-BE EX(スーベEX)
スーベEX

SU-BE EXはイボ取りクリームではなく、ヨクイニンと杏仁オイルが含まれたピーリング剤となっています。

首イボの原因は紫外線による肌へのダメージによる、肌機能の低下によって角質が付着したままとなることが関係をしています。

角質を排出する目的のピーリングは効果が期待できます。しかし、反面でデメリットも考えられます。ピーリングは肌への負担ともなるので逆に悪化をしてしまう可能性が少なからずあります。

しかしながら、今までたいして肌のケアをしてこなかった人だと、イボケアの効果を実感できるまで時間がかかってしまいます。

リスクはあってもどうしても早くイボをどうにかしたい!クリームでケアしながら肌の状況を確認しつつピーリングを併用して使用する。このどちらかに当てはまる人であればSU-BE EX(スーベEX)はおすすめすることができます。

初回の最安値2回目以降容量
1,980円4,980円40g
アプリアージュオイルS
アプリアージュオイルS

様々な雑誌などでも紹介がされ医薬部外品となっているのがアプリアージュオイルSです。

約1.5ヶ月分の量が入っているのですが40gとなるので、使いすぎてしまえば1ヶ月分となってしまうので注意が必要です。

ヨクイニンだけではなく、皮膚をやわらかくするする性質のある植物性スクワランなどが配合されています。
高くても人気のあるのを使いたいって人や医薬部外品を使いたいって人におすすめとなる首イボクリームとなります。

価格が他のクリームとは違い7,582円と少し高めとなっています。

初回の最安値2回目以降容量
7,050円8,190円40ml

人気の首イボクリームと市販薬を比較

人気の首イボクリームである『艶つや習慣』『アプリアージュオイルS』『クリアポロン』と市販薬である『イボコロリ内服錠』を比較しやすいように表にしました。

商品名 価格 内容量
艶つや習慣 2,052円 120g
アプリアージュオイルS 7,582円 40ml
クリアポロン 2,980円 60g
イボコロリ内服錠 6,108円(1ヶ月分) 180粒×3箱

イボコロリの内服錠については1箱が2,036円で約10日分の量となっています。そのため、約1ヶ月分である3箱を基準にして掲載をしています。1日に6錠を朝・昼・晩の3回飲まなければいけなく、量が多いのが最大のデメリットでもあるかと思います。

ただ、顔や首の脂漏性角化症・老人性イボ・角質粒の薬としては一番人気がある薬ではないかと思います。

おすすめの選び方としては首イボの数が多かったり、価格が安くて人気のクリームを使うなら『艶クリアポロン』を選ぶ。顔・首・胸・腕などあらゆる箇所に発症をしているのであれば、錠剤の薬でからだの内側から改善する『イボコロリ内服錠』がおすすめとなります。

クリアポロンの最安値はコチラ

病院で首イボを取る方法

皮膚科などの病院では首イボを治療する為の手術が行われています。
下記の3つの手術にて治療をすることが多いです。

  • ハサミやメスで切り取る
  • 液体窒素にて凍らせて取る
  • 炭酸ガスレーザーにて切る

ハサミで切り取ったりするため、痛みを感じることもあります。また、傷跡としてそのまま残ってしまうこともあります。

自宅での治療である薬などが肌の働きを高めることで、自然と除去するのとは違い、病院で行われるのは切り取ってしまう方法となるのですね。

そのため、首イボケアをして発症がしづらい肌の状態に戻している訳ではないので、治療後は予防として自宅でのケアと同じように薬や化粧品を使っていく必要があります。

首イボを皮膚科の手術で治す方法のメリットとデメリット

皮膚科と美容皮膚科での取り方別の費用の比較

首イボの治療費としては1回の値段ではなく、イボであるスキンタッグ・アクロコルドン・脂漏性角化症の数によって値段を設定してい皮膚科が多いです。

また、一度の治療に関しては5個までや10個までと設定をしている病院も多く、人によっては複数回の通院が必要となるケースもあります。

治療方法 価格 何科?
ハサミやメスで切る 1個500円~1000円 皮膚科
液体窒素で取る 1個500円~1000円 皮膚科
レーザーで除去 5,000円~10,000円 美容皮膚科
自宅でのケア 2,000円~7,000円 通販・薬局・ドラッグストア

炭酸ガスレーザーによる治療に関しては病院ではなく、美容皮膚科や美容形成外科のような場所で行われていることが多いです。そのため、費用が高額な治療になりやすいです。

レーザーに関しては首イボの中でもサイズが大きい軟性線維腫などの治療に行われます。スキンタッグやアクロコルドンのようなサイズが小さく数の大きいイボには液体窒素やハサミで切る方法が使われることが多いです。

この治療費にプラスして初診費用の3,000円程度と通院して治療をする度に診察費がかかってきます。

首イボの治療費用はいくら?ハサミ、レーザー、液体窒素の金額を解説!

首イボの自宅ケアの仕方

おすすめの首イボをケアする方法としては、わたしも使ったことがある艶つや習慣などの化粧品や化粧水を使ってケアをすることです。

通販なので名前や住所の入力などをして簡単に購入することができますし、代金引換便に対応しているので自宅に商品が到着したら料金を運送業者に支払えばいいです。そのため、安心して購入ができ、近くに病院や薬局がなくても問題ありません。

実際に艶つや習慣などの化粧品であれば今までに50万個以上が販売されており、効き目を感じているって口コミも多く見られます。

手間がかからない・費用が安い・予防も同時にできるの以上の3点から首イボケアとしては自宅での化粧品や化粧水を使った方法がおすすめです。

首イボに化粧品を使った治療が人気な理由!効果や費用について

首イボは肌力の低下による角質が原因

首イボの原因は肌力の低下が関係をしています。角質粒なんて呼ばれ方もすることから分かるように原因は肌から剥がれなかった角質にあります。

年を重ねるごとに肌力が低下をするだけでなく、紫外線のダメージなどによって皮膚に不用な角質を剥がす働きが低下をしていきます。そのため、剥がれ落ちなかった角質が増えてしまいイボとして固まってしまうのですね。

イボには種類が沢山あり、スキンタッグ・アクロコルドン・脂漏性角化症などとサイズや見た目によって様々です。しかし、足の裏にできやすいウイルス性のイボとは異なり、見た目的に非常に気持ち悪く老けて見えますが、からだに害がある訳ではありません。

首イボの原因は肌の老化!首や顔に小さいイボがたくさんできる理由

首イボが発症しやすいのが顔や首!首イボや顔イボのケアに注意

ウイルス性のイボに関しては不衛生の箇所にできやすいので、足の裏などに発症をしてしまうことが多いです。しかし首イボに関しては首・顔・胸・腕などに発症をすることが多いです。

原因からも分かるように首や顔は外を歩けば常に紫外線によるダメージを受けてしまっています。そのため、肌が老化をしやすく肌力の低下もしやすい箇所ともなるのですね。

そのため、首イボや顔イボに悩まされることが多いです。

首イボができてしまった人は紫外線対策をしっかりと行い、特に首イボや顔イボに気おつけるようにケアをするのが大事です。2、3個しかなかったイボが気づけば10個と増えていくことが多いので、早めにケアをするようにしましょう。

ヨクイニンと杏仁オイルで首イボのケア

イボケアに大事となる成分としては『ヨクイニン』と『杏仁オイル』の2種類です。

特にヨクイニンに関しては首イボ用の薬である『イボコロリ内服錠』や『ヨクイニン錠』の主な成分となっているほど大事となります。

首イボにハトムギ茶を飲むと良いと聞くこともありますが、ハトムギの中にはヨクイニンが配合されている為です。ただ、お茶を飲むだけで治ると勘違いをしてしまい、ひたすら飲んでるけど治らないって人もいます。

当然のことながら首イボケアの製品ではなく、あくまでお茶となるので配合されている成分も少なかったり、肌のケアをする成分が含まれている訳ではありませんので勘違いをしないようにしましょう。

ヨクイニンはハト麦から作られる成分!ヨクイニン配合の化粧品や薬

ヨクイニンはハト麦の種子から抽出をする成分となります。

保水力があり角質を柔らかくする働きがあるとされています。そのため、イボを剥がれやすくする効果が期待できます。

主に薬としては『イボコロリ』と『ヨクイニン錠』などの首イボの薬には大抵配合がされています。化粧品や化粧水としては『艶つや習慣』や『クリアポロン』に配合がされています。

杏仁オイルについて!杏仁オイルが配合された化粧品

杏仁の種子から抽出された成分で中に含まれているパルミトレイン酸が豊富に含まれています。紫外線から肌を守ってくれたり、皮膚の酸化を防ぐ働きのある成分などが効果が期待できます。

杏仁オイルに関してはあまり首イボの薬や市販薬に配合されている物は見かけないです。

杏仁エキスとしてはヨクイニンも配合がされている『艶つや習慣』や『クリアポロン』に含まれている成分です。また、杏仁オイルとして老人性イボに言及はしていないですが、様々な化粧品の販売がされています。

首イボの治療に人気なのがヨクイニンと杏仁オイル

ヨクイニンと杏仁のどちらの成分に関してもイボには良いとされ、色々な首イボ化粧品や薬に配合がされています。そのため、ケアをするための化粧品としてはどちらかが配合されているのを使うのがおすすめです。

また、私も使った艶つや習慣などは両方の成分が配合されていたりします。

肌はひとつの成分を摂取するだけで美肌になるなんてことはありません。そのため、両方が含まれているような化粧品を使うのがなおおすすめとなります。

その上で50万個以上も販売がされている艶つや習慣であれば、私も使ったこともあり特におすすめすることができます。