首イボを皮膚科の手術で治す方法のメリットとデメリット

首イボを治療する方法といえば化粧品や市販薬を使った自宅での方法と病院での手術と2種類となります。

このサイトでは病院での治療に絞って色々な知識を解説しています。病院での手術方法としては3種類あります。

  • ハサミで切る
  • レーザーで焼き切る
  • 液体窒素で凍らせる

この3つの方法の治療費用や治療期間、痛みなど皮膚科で首イボ治療をしようと考える人が誰もが気になることを解説しています。

首イボ治療は皮膚科で行うメリット

皮膚科治療のメリットは全部で4つあります。

  • 手術日に除去できる
  • 医者に相談しながら治療に専念できる

初めて病院へ行った際に関しては初診の診察となりますが、後は手術を行うのみとなります。1日に除去する量は5個、10個と病院や手術方法によって異なりますが、基本的には当日に施術を行った首イボに関してはその場で除去できます。

そのため、効き目がすぐにはっきりとでるので分かりやすいです。

首イボ治療を皮膚科で行うデメリット

皮膚科での治療は早さは魅力的ではありますが、デメリットもあります。

  • 3ヶ月程度は赤みがでてる
  • 痛いこともある
  • 傷跡が残ることもある
  • 病院へ通う手間がかかる
  • 再発することもある

即日に取り除くことはできますが、根本的な原因である角質が残ってしまう問題を解決している訳ではなく、根元から取り除いているだけとなります。

そのため、再発をしてしまうこともあります。

手術跡が残ることはあまり多くはありませんが、3ヶ月から半年程度は首イボを除去した部分が赤みをおびていたりします。また、麻酔を行わなければ痛みをともなうこともあるのですね。

予防と治療を同時に行いたいのなら自宅での除去

皮膚科での治療は即日治療ができますが、どうしても改善はできていないのでどうしても完治して数ヶ月後や数年後に再発をしてしまうことが多いです。

もしも、予防と治療を同時に行いたいのであれば、自宅での治療を行った方法がおすすめとなります。

自宅での治療方法としては化粧品を使った方法か市販薬を使った方法と2種類あります。両方とも首イボができてしまう原因の角質を肌の働きによって剥がれるようにすることができます。

皮膚自体の根本的な改善を行うことで首イボを除去し、予防としての効果もあるのですね。ただ、皮膚科での治療と同様にデメリットもあり、完治するまでには1ヶ月~3ヶ月程度と時間がかかることもあります。

自宅での除去で人気なのが化粧品を使った方法

自宅での除去といっても方法は主に2通りとなります。

化粧品を使った方法
市販されている薬を使った方法

効果が高いのであれば、薬を使った方法となります。ただ、費用が高いためあまりおすすめすることはできないです。
有名なのであればイボコロリな内服錠。他にもヨクイニン薬といったものがあります。1ヶ月分で6000円程度の価格で販売がされています。

個人的におすすめであり人気なのが化粧品を使う方法です。

安いもので2000円程度で販売がされています。きちんと効果を感じている人が多く、安くて効き目のある方法を探している人に人気となっています。

首イボの原因が肌に残った角質であることから、ターンオーバーの働きを利用することでイボを剥がすことができます。ようするに自然のあるべき状態へと戻すことができるのですね。

そのため、予防としての効き目も期待ができるため、再発がしやすい首イボには特に人気となっています。