首イボの原因は肌の老化!首や顔に小さいイボがたくさんできる理由

首の小さいイボは原因が肌の老化が関係をしているので、年寄りイボと呼ばれたりします。

肌の老化は歳を重ねるだけではなく、ケアがきちんとできているかや、その他の原因もあります。
たとえ10代であろうと悩まされることがある症状が首イボです。

ただ、肌はだんだんと老化をしていくので、年寄りになると発症をする人が急激に増えます。
そのため、年寄りイボと呼ばれていますが、原因は角質にあります。

首イボを取りたいと思った時はまずは原因を解消をすることが必要となります。
繰り返し発症をしやすいので、取れたとしてもまた再発がしてしまう可能性が高いのです。

市販薬やクリームを使うだけではなく、原因も解消することが首のイボには大切なのですね。

首イボの原因は紫外線と角質の固まり

首イボが発生する原因としては角質が付着したままになってしまうことです。

肌の働きで角質はターンオーバーと呼ばれる周期によって剥がれるようになっています。しかし、肌のスキンケアができていなければきちんと機能がせず、付着したままとなってしまいます。

この肌に残ったものの集合体が首イボとなるのですね。

加齢と共に体内のヒアルロンさんが減少したり、肌機能を正常に維持するのが難しくなってきます。また、紫外線が与える肌へのダメージもどんどん蓄積されていってしまいます。

そのため、年を重ねるほど首イボが発生をしやすい為に年寄りイボと呼ばれたりもするのですね。

市販薬を使う際にはウイルス性イボ用と間違えないように注意

首のイボに使える市販薬も薬局で販売がしていますが、使う際には注意をしなければなりません。

イボと言っても何百種類もあると言われており、有名なので首や顔にできやすい老人性イボと足にできやすいウイルス性イボと2種類あります。

この2つの症状は名前は似てはいるものの、症状は全く異なってきます。
そのため、治す為の市販薬についても全く違ったものとなります。

間違って使用をしてしまう人もいるので、きちんと薬を使う際には添付書などを確認するようにしましょう。
最近の薬局で人気の市販薬やクリームについては下記で紹介がされていました。

顔や首やまぶたのイボに効く市販薬やクリーム『イボ取りアニマルズ』

首や顔に小さいイボができやすい原因

顔や首に首イボが発生しやすい原因としては紫外線が大きく関係をしています。

肌の老化の原因の80パーセントは紫外線といわれており、紫外線は肌に良い効果をもたらしません。からだの中でも特に紫外線を浴びやすいのが顔や首です。

他の部位に関しては衣服を着ているために紫外線が肌に与えるダメージを減少させることができます。しかし、顔と首に関しては衣服をつけるようなことはほぼないので、紫外線のダメージが与えられやすい箇所となっているのですね。

そのため、首や顔に関しては肌機能が低下をしやすく、首イボが発生しやすい箇所になるのですね。

紫外線ダメージは肌の老化!紫外線対策とスキンケアが大事

スキンケアの中でも一番大事といえるのが紫外線のケアをすることです。

外で働く人に比べ、室内で働く人の見た目年齢は大きく変わってくることが多いです。それだけ紫外線のケアをすることは大事なことにもなるのです。

紫外線を防ぐ働きとしておすすめは日傘です。

紫外線クリームだと肌をクリームの膜がふさいでしまう為、逆に肌へダメージを与えることにもなります。もちろん、何も塗らないよりはましではありますが、それでも悪影響を及ぼす原因となるのですね。

できるだけ外出時間が長いのであれば日焼け止めクリームを塗る。
短い時間の散歩であれば日傘を差すようにする。

紫外線ケアをしっかりとすることで首イボに悩まされづらくなり、肌の老化を防ぐ働きとしても役立ちます。