首イボに化粧品を使った治療が人気な理由!効果や費用について

首イボを治療したい人で多くの方が利用をするのが化粧品を使った方法です。

首にできる老人性イボの原因はターンオーバーが乱れてしまった為です。そのため、角質が剥がれずに皮膚に残ってしまうので、その集まりがイボとしてあらわれてしまうのですね。

ようするにウイルスが関係しているのではないのですね。

そのため、化粧品を使った方法は肌をケアすることでターンオーバーを促進させていくようにしていきます。そのため、肌の力で角質と一緒に首イボを落としてしまうといった方法なので痛みや傷痕の心配もありません。

他の人と同じように自然とイボがない肌を作りだすことができるのですね。
他の方法と比べて化粧品を使う人が多いのは色々なメリットやデメリットなどがあります。

効果や費用も含め比較して紹介をしていきます。

首イボに化粧品の効果

まず使う化粧品として前提となるのはヨクイニンや杏仁の成分が配合されている首イボ用の化粧品となります。
特にヨクイニンはイボ用の薬に配合されており、古くから漢方などでも使われてきました。

首にできる老人性いぼといえば大事なのはヨクイニンなのですね。

このヨクイニンは高い保湿力を持つだけではなく、角質を柔らかくする働きが期待できます。そのため、イボを剥がれやすくし、かつターンオーバーを促進させる効き目が期待できるのですね。

そのため、首イボに効果がある化粧品となっています。

薬や病院での治療と比べると即効性はありません。しかし、肌力を高めることで自然と落とすことからも分るとおり、首イボの予防にもつながるのですね。

病院で液体窒素や医療用のハサミで除去をするのであれば確かに即効性は期待できます。しかし、根本的な肌の問題を解決できている訳ではないのですぐに再発してしまうことも非常に多いです。しかし、化粧品の効果からも分るとおり、再発防止も同時に行なうことができているのですね。

首イボ治療にかかる費用を比較

首イボを治療する方法としては病院、薬、化粧品と4種類あります。
この中でも更に病院であればハサミ、液体窒素、レーザーと3種類に分かれます。

化粧品も美容液、クリーム、ピーリングといくつもの種類に分かれます。
また、どの化粧品や病院かにもよって費用は大きく異なるので正確な費用はいってみなければわからないものがありますが、目安となる金額を紹介します。

化粧品・・・2000円から7000円(効果があり安いと評判ので2000円程度のが人気)
薬  ・・・6000円程度(10日分で小分けして2000円などありますが、1ヶ月では6000円程度かかる)
病院 ・・・5000円から1万5千円(イボの数、治療期間、病院によって費用は大きく異なる)

薬は安いと思ったら実は10日分の量しか入っていないものもあるので、きちんとどれぐらいの期間の量が含まれているのかの確認は必ずした方が良いです。

化粧品であれば高いものは高いです。ただ、20万個以上売れているような人気のもので2000円で利用ができ、効き目を感じている人が多いものもあります。そのため、わざわざ高いのを利用するのではなく、安くて評判がいいのを利用するのがおすすめです。

病院はどの手術方法かなどにも費用が大きく異なるので正直なところ、厳密に金額を出すのが難しいです。2万円程度と考えておけば問題はないはずです。

首イボに人気の化粧品について

首イボ用の化粧品は数種類販売がされています。
わたしも使ったことがあるものであれば艶つや習慣です。

半年ほど前に使用した経験があります。
他にも有名なのであればぽっつるんなどがあります。

様々な化粧品の価格やメリットなどをまとめて紹介してあったサイトがあるので詳しくはそちらをご覧頂ければと思います。
実際に使用した使用感なども写真付きで紹介がされていたので分りやすいかと思います。

>>>首イボを治療するクリーム

首イボを皮膚科の手術で治す方法のメリットとデメリット

首イボを治療する方法といえば化粧品や市販薬を使った自宅での方法と病院での手術と2種類となります。

このサイトでは病院での治療に絞って色々な知識を解説しています。病院での手術方法としては3種類あります。

  • ハサミで切る
  • レーザーで焼き切る
  • 液体窒素で凍らせる

この3つの方法の治療費用や治療期間、痛みなど皮膚科で首イボ治療をしようと考える人が誰もが気になることを解説しています。

首イボ治療は皮膚科で行うメリット

皮膚科治療のメリットは全部で4つあります。

  • 手術日に除去できる
  • 医者に相談しながら治療に専念できる

初めて病院へ行った際に関しては初診の診察となりますが、後は手術を行うのみとなります。1日に除去する量は5個、10個と病院や手術方法によって異なりますが、基本的には当日に施術を行った首イボに関してはその場で除去できます。

そのため、効き目がすぐにはっきりとでるので分かりやすいです。

首イボ治療を皮膚科で行うデメリット

皮膚科での治療は早さは魅力的ではありますが、デメリットもあります。

  • 3ヶ月程度は赤みがでてる
  • 痛いこともある
  • 傷跡が残ることもある
  • 病院へ通う手間がかかる
  • 再発することもある

即日に取り除くことはできますが、根本的な原因である角質が残ってしまう問題を解決している訳ではなく、根元から取り除いているだけとなります。

そのため、再発をしてしまうこともあります。

手術跡が残ることはあまり多くはありませんが、3ヶ月から半年程度は首イボを除去した部分が赤みをおびていたりします。また、麻酔を行わなければ痛みをともなうこともあるのですね。

予防と治療を同時に行いたいのなら自宅での除去

皮膚科での治療は即日治療ができますが、どうしても改善はできていないのでどうしても完治して数ヶ月後や数年後に再発をしてしまうことが多いです。

もしも、予防と治療を同時に行いたいのであれば、自宅での治療を行った方法がおすすめとなります。

自宅での治療方法としては化粧品を使った方法か市販薬を使った方法と2種類あります。両方とも首イボができてしまう原因の角質を肌の働きによって剥がれるようにすることができます。

皮膚自体の根本的な改善を行うことで首イボを除去し、予防としての効果もあるのですね。ただ、皮膚科での治療と同様にデメリットもあり、完治するまでには1ヶ月~3ヶ月程度と時間がかかることもあります。

自宅での除去で人気なのが化粧品を使った方法

自宅での除去といっても方法は主に2通りとなります。

化粧品を使った方法
市販されている薬を使った方法

効果が高いのであれば、薬を使った方法となります。ただ、費用が高いためあまりおすすめすることはできないです。
有名なのであればイボコロリな内服錠。他にもヨクイニン薬といったものがあります。1ヶ月分で6000円程度の価格で販売がされています。

個人的におすすめであり人気なのが化粧品を使う方法です。

安いもので2000円程度で販売がされています。きちんと効果を感じている人が多く、安くて効き目のある方法を探している人に人気となっています。

首イボの原因が肌に残った角質であることから、ターンオーバーの働きを利用することでイボを剥がすことができます。ようするに自然のあるべき状態へと戻すことができるのですね。

そのため、予防としての効き目も期待ができるため、再発がしやすい首イボには特に人気となっています。

首イボの治療費用はいくら?ハサミ、レーザー、液体窒素の金額を解説!

首イボを病院で治療するのであれば方法は3つとなります。

「ハサミ、レーザー、液体窒素」

どの方法を行うのかや麻酔を使って行うのかにもよって健康保険が使えるか異なってくるので金額も異なってきます。当然のことながらどの病院かにもよって手術費用は変わります。

ただ、どれぐらいの費用がかかるものなのか事前に知っておきたいものです。

ここでは首イボの手術費用をハサミ、レーザー、液体窒素の3種類全てを解説していきます。これから病院で治療をしようと思っている人はこのまま読み進めて頂ければと思います。

首イボの治療費用を手術別に解説

首イボはサイズなどによってどの手術方法を行うかも異なるのですが、病院の設備や医者の判断にもよって大きく異なってきます。そのため、首イボはサイズ別にアクロコルドン、スキンタッグ、軟性線維腫とありますが、必ずしもこの手術を行うなんてことはありません。

費用は基本的にひとつ取り除くのに対しての金額となるので、数が増えれば増えるほどその分料金が高くなっていきます。

ハサミで切る治療費用

ひとつ取り除くのに対して大体500円程度の費用がかかります。

名前の通りで医療用のハサミを使って根元の部分から切り取ってしまいます。痛みや傷跡が残ることもあります。

皮膚に与えるダメージもあるので大体の病院が1日に取り除く量を5個、10個と決め手いるので、数が多ければ2日、3日に分けて行われることがあります。

日数が増えれば診察代としての代金もかかってきます。

レーザー手術の治療費用

炭酸ガスレーザーの手術を行う際は健康保険が適用されないことも多く、高額となります。

初診費用など合わせて5万円程度の金額がかかってきます。麻酔を打つと健康保険が使えず、麻酔無しであれば健康保険が使えます。

ただ、麻酔なしだと痛みがあるので、基本的には健康保険が使えず、5万円程度の金額がかかると考えた方がいいです。

液体窒素の治療費用

液体窒素を使った方法であれば、ひとつ取り除くのに対し、700円程度の費用がかかります。健康保険が使えるので3割負担となり費用も安くなります。

ハサミで切り取る方法と同様に数が多ければ複数の日数が必要となります。

首イボ治療の安い方法は?

首イボを病院で治療するのであれば安い方法はハサミで切り取る方法または液体窒素を使った方法です。健康保険が適用される為、3割負担の料金となるので安く済みます。

最近であれば安い治療方法を探している人に人気となっている化粧品を使う方法もあります。

安いのであれば、首イボ用のが2000円程度で販売されているので数が多ければ多いほど安くなる傾向があります。また、予防も一緒にできるのと痛みや傷跡の心配をしなくても良いのは人気のひとつの理由となっています。

病院へ行かずに自宅でもできますからね。

安い方法で治療をするのであればハサミで切る、液体窒素、化粧品の3つです。

首イボが完治したのに再発!予防方法はないの?

首イボを病院で治療をしたにもかかわらず、数ヵ月後、数年後にまた再発して、ぽつぽつとあらわれることがあります。
また、治療しなければいけないの・・・とがっかりするものです。

首イボは再発がしやすいので繰り返しあらわれてしまう人は多いのですね。

化粧品を使って肌のスキンケアを行い、根本的な原因となっている角質を剥がす働きを促進させて自然とイボを剥がしているのではなく、ハサミなどを使った除去をしているのに過ぎないので改善をしっかりとできている訳ではありません。

首イボを取り除いてはいるけど、原因の解決をしている訳ではないので繰り返しぽつぽつとできてしまうことが多いのですね。

治療をするのはもちろんのことですが、ここではもう首イボが再発をしたくないって人向けに予防の方法を解説していきます。

首イボを予防するなら肌の改善

首イボができてしまう原因は肌のスキンケアがしっかりとできていない為にターンオーバーと呼ばれる角質を剥がす働きが低下をしてしまった為に皮膚に残ってしまったことです。

イボは角質が肌に残った固まりとなるのですね。

そのため、予防をする為にはスキンケアをしっかりと行い、角質がしっかりと剥がれるようにする必用があります。ようするにターンオーバーが正常に働くようにスキンケアを行う必要があるのですね。

首イボ予防をしたいのであれば、治療が終わった際にも首のスキンケアを行う必要があります。特にヨクイニンが配合された化粧品を使うことで予防効果を高めることができます。

首イボを自宅で化粧品を使って治療する方法と同じ

首イボを自宅で治療する方法のひとつとしてヨクイニンが配合された専用の化粧品を使って治療する方法があります。

先ほど紹介したように原理は同じで肌のターンオーバーを促進させることによって角質の固まりであるイボが剥がれるようにする方法です。

ようするに化粧品を使えば治療と予防を同時に行うことができるのですね。

最近では、病院へ行くのが面倒と感じる人も多かったり、仕事で時間が取れないって人も多いです。そのため、自宅で首イボ治療する人は多くなっています。

ただ、それだけが人気の治療方法となっている理由ではなく、予防と治療を同時に行う効果があるからなのですね。

首イボ用の人気の化粧品

首イボ用の化粧品として人気のであれば、艶つや習慣と呼ばれるオールインワンジェルです。日ごろの化粧品としても利用ができるようになっています。

昔からイボ取り用にかかせない成分とされている、杏仁オイルとヨクイニンの2種類の成分を配合し、ターンオーバーを促す為にも保湿成分も配合をしています。

特徴としては首イボ用の化粧品としては非常に安いのに、効果がしっかりと体験できている人が非常に多いことです。

価格が最安値で2000円程度で購入することができ、他の首イボ用クリームの相場と比べると4000円程度安く販売がされています。効き目を感じている人も多いため、口コミなどから広まり今までに20万個以上が販売されている、人気のヨクイニン配合化粧品となります。

首イボの治療期間は何日かかるの?手術から傷跡が引くまで解説

首イボを病院で治療する際に気になることがどれぐらいの治療期間がかかるのかってことです。

仕事で休みをたくさん取れる訳ではないので、あまりにも長い期間通院をしなければならないと、まとまった休みがなければ手術もできなくなってしまいます。

そのため、事前に何日間病院へ通院しなければならなにのかを知りたい人は非常に多いです。

ここでは、首イボを病院で手術した際にどれぐらいの治療期間がかかるのかについて解説していきます。休み日が限られていたり、あまり何度も通院するのが面倒だなと思っている人はご覧ください。

首イボ治療が完治するまでに治療期間

首イボを治療するまでの期間は診察日と手術日の2日間になります。

診察初日でそのまま手術を行うことはありません。まずは、診察を行って、その際に手術をする日を決めます。手術に関しては当日のみで完了します。

治療期間はそんなにかからないのですね。
ただ、手術後に関しては傷跡や赤みが一時的に残ります。

軟膏が処方されるので、毎日塗ってケアを行っていきます。だいたい、10日程度たてば傷跡に関してはほとんどなくなるのですが、赤みは残ります。3ヶ月から半年程度も経てば赤みも完全にひいてくれるので、全く気にならないようになります。

治療期間は2日程度となるのですが、傷跡が完全に目立たなくなるまでには半年程度かかると考えてください。

特に肌の色が白い人は赤みが早くひきやすい傾向にあります。

診察をせずに当日に手術をして貰えるのか?

診察日を設けずに当日に病院へ行って手術をしてもらうことはできません。

基本的に病院へはじめて行った際に関しては大抵の病気は診察をしなければなりません。間違った治療をするわけにはいかないので、きちんと首イボであるのかを判断する為に、医者が実際に見て判断をします。

また、手術するのにも時間がかかってしまいます。そのため、基本的には初日は診察を行い、後日に手術を行うのが一般的となっています。

首イボの治療について悩んでいる方へ

首イボに関しては何度も病院へいかなければならない訳ではなく、基本的には2日で住みます。簡単な手術となるのですね。

からだに害があるような悪性ウイルスが原因となっている訳ではなく、無害ではあります。ただ、ポツポツが沢山あるのは見た目も決して良くはないので、治療するのにこしたことはないと思います。

治療をしない限りはかってに治るようなことも基本的にはありませんので、早めに治療をするのがおすすめです。

首イボの手術に痛みは?ハサミ、液体窒素、レーザーの3つを解説

首イボができたときの治療方法としては病院での手術があります。

しかし、ハサミで切り取ったり、レーザーで焼ききったり、液体窒素で凍らせてしまったりと自然と取ることができる訳ではなく、なかば強引にイボを皮膚から剥がす手術となります。

そのため、痛みはないのかと心配になるものです。

首イボの手術方法は上記であげたように3種類ほどありますが、それぞれ痛みがあるのかや傷跡として残ることがあるかなど解説していきます。首イボ治療をしようとは思っているけど、はじめてのことだし心配だなと思う人はご覧ください。

首イボの手術別に痛みについて解説

ハサミで切り取る際の痛み

首イボの治療方法のひとつで医療用ハサミを使って、根元から切り取ってしまう方法となります。

人によっては痛みを感じることがあるのですが、そこまで激痛がはしるほどではありません。
イボと皮膚が繋がっているどれだけ根元付近の部分を切るかにもよって大きく変わってくることになるのです。

根元から切らなければきれいに治療したとはいえないですし、根元付近を切ってしまうと皮膚の部分も切り取ってしまう為、痛みを伴うこともあるのですね。

ただ、医者も治療のプロとなるので、上手に行ってもらえることも多く、痛みを伴わないこともあります。

レーザーで焼き切る際の痛み

炭酸ガスレーザーを使って焼ききってしまう方法となります。

手術中に関しては麻酔を行っていきます。比較的大きなイボであれば、局所麻酔を行い、小さいものであれば麻酔剤を使用していきます。
そのため、切り取っている際には麻酔が聞いているので感覚もなくなっており、痛みは伴いません。

レーザーを使う場合は痛みがあるのは麻酔注射をするときぐらいとなるのですね。

液体窒素で凍らせる際の痛み

-196度の液体窒素と呼ばれるのを利用し、首イボを凍らせてしまい腐敗させることによって自然とポロッと落ちるようにする方法となります。

液体窒素を使った手術に関しての痛みは麻酔を行うのか行わないのかによって大きく異なってきます。
治療自体は痛みを伴うので麻酔を使えば無痛で行うことができます。ただ、保険の適用外となってしまうので、料金は高くなってしまいます。
そのため、保険適用の安い価格で行いたいのであれば、麻酔を使わないので痛みを伴うこととなります。

健康保険を使うならば麻酔を使えないので痛いのですね。

首イボの手術別に傷跡が残るか解説

ハサミで切り取る

ハサミで切り取る手術方法であれば、基本的には傷跡が残るようなことはありません。

手術後に関しては皮膚が少し赤くなっています。ただ、時間と共に皮膚が回復をしていくため、だんだんと傷跡は薄くなり、目立たなくなってきます。

傷跡が残る心配をする必用はないのですね。

レーザーで焼き切る

レーザーで焼き切る方法に関してはも傷跡は残らないことが多いです。

ハサミで切り取る方法と同様に手術後に関してはレーザーを照射した部分に関しては赤くなっており、少しの間は気になります。ただ、時間と共に目立たなくなってきます。

傷跡が残る心配をしないですむ手術となります。

液体窒素で凍らせる

液体窒素で凍らせて取り除く手術であれば、傷跡が残ることもあります。

治療方法の特徴としては傷の範囲が広くなってしまうことがあげられます。綿棒に液体窒素をしみこませ患部につける方法となるのですが、首イボの部分だけでなく、周囲の皮膚などにも液体がついてしまったりします。

首イボのサイズ別に綿棒が用意されている訳ではないので、患部のみに付けることができないのですね。

適切な深さや範囲にあわせて治療できる訳ではないのですね。